売上1億円の会社が10億を目指すより、100億にするほうが実は簡単だった!

CEOコーチング 年商を100倍にする思考と行動の理論

CEOコーチング 年商を100倍にする思考と行動の理論

著者
久野 和禎
出版社
日本経済新聞出版社
販売日
2020年02月26日
価格
1,870円

ポイント・内容

◆リーダー(経営者)に必要なのはコンサルタントではなくコーチである
コンサルタントとコーチの違いを意識しているだろうか?
コンサルタントは「問題を解決してくれる人」で、新たな問題が発生するたびに相談することになる。
一方のコーチは「問題の解決方法を教えてくれる人」。正しいコーチングを学べば、自力で目標を立てて問題解決していけるようになる。
そしてリーダーには、それに特化したコーチング(CEOコーチング)が必要だ。
組織として問題を解決し目標を達成していく必要があり、そのためには、経営の知識や経験が欠かせないからだ。

◆認知科学に基づく、リーダーのための最先端のコーチング手法
本書は、著者が独自に体系化した「認知科学に基づく経営者のための問題解決メソッド」をもとにしたCEOコーチング実践の書。
脳の上手な使い方を学び、「よいゴール」を設定することで、むやみにがんばらなくても、ありとあらゆることが自然に実現できるようになる――CEOコーチングは、NASA、コカ・コーラ、3M、オラクルなどで導入されたルー・タイス氏の手法と、認知科学の知見を融合させた新しい「目標実現」のメソッドである。
本書は、それを具現化する「7つの力」と、その先にある「経営パフォーマンス10倍アップ」の法則を、ありがちなリーダーの過ちのケースなどを織り込みながら実践的に解説する。