登山をするときに3つしか持っていけなかったら? ~本は「戦略」「戦術」「戦法」で作る

 もしも、登山をするときに3つのものしか持っていけないとしたら、あなた

は何を持って行きますか? 

 これは、私が出版セミナーでよく出題するクイズです。

 じつは、このクイズが出版の「戦略」練るためにとても適しています。

 受講生が100人いたら100人とも違う回答をするのがとてもおもしろいですね。

 

 たとえば、「おやつ、傘、携帯電話」と答えたサロン経営者がいました。

 このサロン経営者にとって、登山はピクニックのようなもので、ずいぶん低い山を

イメージしているようです。こんな方は、高い山に登ると遭難します。

「おにぎり、登山服、テント」と言った会社役員もいます。

 しかし、残念ながら、この方も遭難します。

 

  1. 1. まず、「食糧」(水を含む)を用意していない人は、論外です。
  2. 2. 次が、「装備品」です。サンダルとか、ハイヒールとか、スカートではダメです。
  3.  登山靴、防寒具、寝袋、ガスコンロ、テントなどが「装備品」に入ります。
  4. 3. そして一番重要なのが「地図」です。
  5.  地図がないと道に迷います。山で道に迷ったら確実に遭難します。

 

 登山と同じように、本を書くときにも「地図」が必要です。地図とは、

「本を書く目的」(What)

「本を書く動機」(Why)

「夢をかなえる方法」(How)のことです。

 この「地図」を作ることよっても、あなたは、今、自分がどこにいて、どこに向か

っているかがわかります。地図を手に入れてから本の執筆に取りかかってください。

 

(図表)

 

 出版を「戦略」と考え、次の3つを徹底的に書き出してください。

 あなたが本を書くことによって達成したい夢は何か?(戦略)

 夢を達成するために出版も含めてどんな方法があるか?(戦術)

 夢を達成するためにあなたが書くべき本のテーマは何か?(戦法)

 

「戦略」というと、とても難しいと思う方がよくいますが、じつはとても簡単なこと

です。それは、あなたの「夢」であり、「人生をかけて達成したいこと」です。

 戦国武将の織田信長を例にとって説明しましょう。

 

  • ●戦略→日本を武力で統一したい。(「天下布部」を宣言)
  • ●戦術→実力主義で家来を起用した。(豊臣秀吉、明智光秀など)
  • ●戦法→情報戦、奇襲攻撃。(桶狭間の戦いで勝利)

 

 1560年、織田信長は人生最大の危機に陥ります。

 圧倒的な数で勝る今川義元に攻められ、降伏か戦闘かの二者択一を迫られます。

 敵兵2万5000人に対し、味方は2000人です。

 しかし、確固たる戦略のある信長にとって、「降伏」という選択はありえません。

 そこで、彼は情報を集め、悪天候を利用し、ゲリラ戦によって今川義元の首を取り

ます。有名な「桶狭間の戦い」ですが、この戦で一番恩賞を与えたのは、敵将の首を

取った武将ではなく、今川義元の陣地を教えてくれた部下です。

 織田信長は、唯一、情報の価値がわかっていたため戦国の覇者になれたのです。

 

 多くの人たちは、自分が何をしたいのか、何のために生きているのか、自分の人生

と向き合っていません。私たちは外側の人間関係に生きていて、内側の自分との対話

をしたことがないのです。

 

 本を書くとき、初めて自分自身と向き合うのです。

 これはけっして大げさなことではなく、私は、戦略的に生きている人は1000人

にひとりもいないと思っています。

 本を書く過程が、あなたにとって一番大事なことを教えてくれるでしょう。

 


←前へ


続き→


←目次へ